可能性の街「成田」を全力開拓!

成田アーティスト・イン・レジデンスの創設

  • HOME »
  • 成田アーティスト・イン・レジデンスの創設

 アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)とは、公募によって選ばれた世界中のアーティストが、ある一定の期間(2週間〜1年など)そこに滞在し、制作・発表を行う制度のことです。AIRを創設した自治体は、その間のアーティストの生活(渡航費や居住空間、食費など制度によって援助の幅が異なります)を援助し、制作や展示の場などを提供します。日本ではAIRがあまり盛んではありませんが、海外では日本のアーティストもさまざまな国のAIRを利用して作品を発表しています。

 現在、成田市にある世界的な観光地は成田山しかありません。海外の観光客は到着してすぐに他の土地へ移動する人がほとんどです。成田市に国際規模のAIRを創設することによって、若いアーティストが集い、日本へ訪れる方々が、行きも帰りも成田で観光をしていくようになるでしょう。

 また、成田市はSIRSやエボラ出血熱などの感染症などが発生した際に、日本の玄関である成田空港からの感染拡大などを防ぐため、成田での収容施設などを確保する必要があるとされています。有事には、数万人の収容施設が必要になりますが、現在の成田市には、その収容施設が足りません。現状のホテルなどに加えて、約4万人程度の収容施設が不足しているとも言われています。その収容施設を建設すると同時に、有事がない時に、その場所を有効利用する方策のひとつとしてAIRの設立が、成田市にとっても、日本にとっても、とても有用であると考えています。

 成田市は日本を代表する国際都市であり、豊富な土地もあります。絵画、音楽、写真、映像、彫刻、ファッション、ダンスなどジャンルを問わず、世界中から若きアーティストを招待し、語らい合う場所を成田に建造します。山あいの自然を生かしながら、展示場や音楽広場、カフェなども併設し、国内外から観光客が訪れる成田山だけではない国際都市「成田」、これまで以上に文化的にも価値のある新名所として発展させます。

 

伊達孝紀

PAGETOP
Copyright © 伊達孝紀(だて たかのり) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.