可能性の街「成田」を全力開拓!

市街化調整区域の再検討

  • HOME »
  • 市街化調整区域の再検討
https://www.city.narita.chiba.jp/より引用

    成田市には空港周辺やイオンモール周辺を含め、まだまだ開発の余地がある土地がたくさんあります。ところが、それらの土地は市街化調整区域になっているため、住宅や商業施設などに利用することは出来ません。

 結果的に、成田では慢性的な「住める土地の不足」が続いています。成田市の財源を投じて公津の杜に新設された国際医療福祉大学をはじめ、成田空港などで働く人々は、住める土地のある周辺の土地に流れてしまっているのが現状です。この状況を改善するには、市街化調整区域などを再検討する必要があります。

 成田市に限らず、街が活性化するためには、住む人と訪れる人が増えることが不可欠です。ところが、現在の成田市には、住める場所や訪れる場所が圧倒的に足りていないのです。成田市が持つ膨大な土地の適正利用を、都市開発の専門家が促進することによって、可能性の街「成田」に人が集まり、活性化していくことができます。

伊達孝紀

PAGETOP
Copyright © 伊達孝紀(だて たかのり) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.